前へ
次へ

喪主の一般的な葬儀マナー

喪主は、葬儀の主催者です。葬儀の様々なことを決定権を持ち、式を取り仕切ります。喪主の葬儀マナーを説明します。喪主は、家族や親族で相談しながら決めます。喪主に関する法律やルールは特にありませんので、誰がなってもOKです。故人が指定している場合は、それに従いますが、一般的に、故人の配偶者や長男長女が喪主になるケースが多いです。故人に親族や家族がいない場合は、知り合いや友人、葬儀社のスタッフが喪主を務めます。喪主の主な仕事は、葬儀の準備です。通夜の準備から葬儀社の決定、通夜の挨拶など細かいことを決めます。弔問客の接待や世話役へのお礼、後片付けまで全て行います。喪主の服装は、男性はブラックスーツ、女性は地味な黒い服装が一般的です。持っていないときや用意できないときは、家族から借りたり、レンタルしたりしましょう。葬儀社でもレンタルしていますが、着物のレンタルは費用がかかるので注意が必要です。喪主の葬儀マナーは細かなことを含めると15個以上あり、どれも大切なマナーです。きちんと勉強し、恥をかかないようにしましょう。

Page Top