前へ
次へ

間違えやすい葬儀マナー

大人として最低限知っておくべき葬儀マナー。「自分はしっかり把握している」と思っていても、いざ葬儀に出

more

古い風習から解放された自由な喪服と葬儀マナー

お葬式には黒い喪服を着用するのがスタンダードな葬儀マナーですが、実は最近では少し違いが見えてきていま

more

受付でのご香典は両手で渡すのが葬儀マナー

葬儀会場へは時間ぎりぎりではなく、少し早めの到着をしておき、開始の10分前には受付を済ませておくのも

more

急な訃報に備えて準備と葬儀マナーの確認を

大人になるにつれ、冠婚葬祭の機会が増えてきます。とくに、年齢が上がるにつれ増えてくるのがお通夜やお葬式。だんだん周りで結婚する人が減ってくるので余計に葬儀の方が多いと感じるかもしれませんね。訃報はわりといつも突然やってくるイメージがあります。準備にあたふたしないように一定の年齢になったらある程度の用意をしておく必要があると感じています。例えば、礼服の準備。サイズや状態などを定期的にチェックして、いつでも着られるようにしておくと安心です。靴やバッグなどの小物類も併せてチェックしておきましょう。わたし自身急な葬儀で困ったことがあります。冬だったのですが、黒いコートがなくて慌ててショッピングセンターに駆け込みました。またストッキングが伝線していて急遽コンビニに買いに行った経験もあります。礼服、コート、アクセサリー、ストッキング、靴、バッグなど、葬儀に使うものは一式そろえて同じ場所にしまっておくのがおすすめです。また葬儀に使う礼服などと共に葬儀マナーについても一度確認しておくと安心です。意外に正しい葬儀マナーって知らなかったりしますよね。お焼香の仕方だったり、親族の方への挨拶の仕方だったり、正しいマナーがわからない場合は専門書やインターネットを使って調べてみると良いでしょう。また、葬儀マナーは地域によって違うこともありますので、仕事で転勤などがある方は自分が住んでいる場所の常識をその都度知る必要があります。おめでたい場所での行動と違い、葬儀でのマナー違反についてはほかの人も指摘しにくいでしょうからしっかり確認しておけなければなりません。お寺、地域の会館、自宅、葬儀場など、会場による違いもありますのでそのあたりのチェックも大事です。恥ずかしい思いをしないように大人になったら一度勉強すると安心です。知っておくことで自信にもなりますし参列する際にオドオドしなくて済みます。亡くなった方と落ち着いてお別れするためにも最低限の準備は整えておくのが大人としての常識ともいえるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top