前へ
次へ

葬儀マナーとして服装に注意しましょう

葬儀マナーとして特に気をつけたいのは服装です。この場合には派手な服は避けて地味なものを着ていくことが大切です。また、肌の露出をできるだけ避けるようにして香水やマニキュアなども避けた方が良いですし、殺傷をイメージさせることのある毛皮も着るのは止めるべきでしょう。さらに衣服だけでなくアクセサリーも、パールと結婚指輪以外のものはつけないようにするべきです。そしてハンカチに関しても派手なものは持っていかずに黒か白のハンカチにした方が良いと言えます。また男性の場合もダークスーツやブラックスーツなどを着るようにして、靴や靴下なども黒いものを利用することをお勧めします。また葬儀ではそれに合った地味な服装で訪れる人が多いので、あまり考えずに普段と同じような服やアクセサリーで行くとその点でも目立ってしまう可能性が出てきます。ですから葬儀に行く場合には、葬儀マナーとして着ていくものに関してそれで良いかどうかをきちんと考えたり、サイトなどで確かめてから着るようにした方が良いでしょう。

Page Top